1. TOP
  2. 課題から探す
  3. サイバー攻撃やウイルス感染からシステムを守りたい

サイバー攻撃やウイルス感染からシステムを守りたい

「日々進化していく脅威にどう対処していけばいいかわからない」
「常に対応できるようセキュリティをアップデートしていきたい」
こんなお悩みありませんか?

個人情報や機密情報が流出したり、システムが不具合を起こしてサービス停止になってしまう原因であるサイバー攻撃やウイルス感染からシステムを守ることは企業にとって重要な検討事項になっています。

危険
01

セキュリティ対策をしていないと「加害者」になってしまう可能性も

サイバー攻撃やウイルス感染の対策をしていない状態でサイバー攻撃を受けてしまうと、攻撃を受けた「被害者」であるはずの企業が加害者として認識されてしまいます。

攻撃者 サイバー攻撃 → 企業 個人情報の漏洩 システムの停止 ファイルのロック等 → 損害賠償責任 社会的信用の失墜 企業存続の危機

危険
02

インターネット上の脅威は近年急激に増加

インターネット上の脅威は急激に増加していて、日々多くの企業がサイバー攻撃の脅威にさらされています。早急にシステムのセキュリティを強固なものにする必要があります。

2017年6月時点 約7億個 1日あたり 約39万個増加 直近10年間におけるマルウェアの総数 出典:Copyright(c) AV-TEST GmbH.www.av-test.org ※マルウェア:悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称(例:ウイルス、ワーム、スパイウェアなどが該当) 2017年6月時点 約7億個 1日あたり 約39万個増加 直近10年間におけるマルウェアの総数 出典:Copyright(c) AV-TEST GmbH.www.av-test.org ※マルウェア:悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称(例:ウイルス、ワーム、スパイウェアなどが該当)

危険
03

情報漏えいが起こると多大な金銭的コストが発生

情報を流出させた場合に金銭的損失がかかってしまいます。
情報セキュリティ対策への投資は、組織の経営や運営にとっても必要不可欠なものです。

情報1件あたりの平均損失コスト 約23,601円 ◎例えば、1万件の顧客情報が流出した場合 約23,601円×1万件=2億3,601万円 【参考】情報漏洩に係る平均損失コスト:約5億4,850万円
								※出典:日本ネットワークセキュリティ教会(JNSA)2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】 情報1件あたりの平均損失コスト 約23,601円 ◎例えば、1万件の顧客情報が流出した場合 約23,601円×1万件=2億3,601万円 【参考】情報漏洩に係る平均損失コスト:約5億4,850万円
								※出典:日本ネットワークセキュリティ教会(JNSA)2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】

クラウドを用いてセキュリティの保守・管理を外部に任せたい

サーバーなどのインフラ環境をあらかじめ拡張が可能な仮想環境で提供するため、利用者は必要な分だけ利用料金を支払うことができてコストを抑えることができる利点があります。
また、サーバーなどの機器調達なく、オンデマンドでサーバーリソースを自由に増減でき、運用面の効率化が期待でき、大幅なコスト低減が期待できます。

QT PRO マネージドセキュリティの特徴 セキュリティ機器の購入不要 故障の際の対応不要 24時間365日専門管理者にて監視・運用 + 最新のデータベースに基づいたセキュリティ機能を利用可能

自社で必要なセキュリティをカスタマイズしたい

自社内で構築・運用するため、サーバー調達に期間を要すことや初期導入コストが高く、またインフラの管理・維持コストもかかります。インフラのリソースの拡張にあたっては、ネットワークやサーバー環境などが自社の設備に依存するため、変更作業には多くの時間とコストが必要になります。
一方で、すべて自社環境となるため必要なカスタマイズを自由に行うことができるメリットがあります。

社員の教育・訓練を行いたい

万が一怪しいメールやファイルが届いても、不用意に開かないよう社員のセキュリティ意識を高めておくことが重要です。