1. TOP
  2. サービスから探す
  3. ネットワークインテグレーション&パッケージ
  4. 無線LAN(Wi-Fi)

無線LAN(Wi-Fi)

タブレットやスマートフォンの業務への活用で無線LAN(Wi-Fi)環境の導入が進んでいます。
また、無線LAN環境を導入し、レイアウト変更時の配線コストの削減や社員が個々のデスクを持たない「フリーアドレス」にすることで社員同士のコミュニケーションが進み新たなイノベーションが生まれます。
QTnetは無線LAN導入の全体設計からセキュリティ対策までトータルでご提供します。

こんなお悩みありませんか?

  • タブレットを業務に活用したいが、無線LAN環境の整備方法がわからない
  • レイアウト変更時の配線が大変
  • 無線LANを導入しているが、セキュリティが不安
  • 無線LANを導入しているが、エリア外やつながりにくい場所がある

無線LAN(Wi-Fi)が解決します!!

お客さまに最適な無線LAN環境をご提供します。

機器の選定から、設計構築までお任せください。
お客さまの拠点規模に合わせた、最適な無線LAN設計を実施します。

無線LAN導入に必要なネットワーク機器もトータルにご提供します。

全体的なネットワークも設計、構築します。

無線LANに必要なセキュリティも一括してご提供します。

規模に合わせてAP(アクセスポイント)のコントローラーもご提供します。
認証サーバーをご提供し、より高いセキュリティ環境をご構築します。

ご利用イメージ

イメージ図

自立型と制御型無線LAN(Wi-Fi)の比較

項目 自立型 制御型(コントローラ型)
構築型 構築型 クラウド型
概要 無線AP毎の設定や運用が必要
  • コントローラを介して全てのAPの連携が可能
  • AP間の切替(ハンドオーバー)も可能
規模 小(〜5台程度) 中〜大規模 広範囲
コスト 低(〜3万円程度/台) 高(数十万円〜) 中(数万円〜)
運用管理 数台のAPなら比較的容易 APを一元的に管理できるため容易 広範囲の制御が可能
主な取り扱い
メーカー
  • Buffalo
  • ICOM
  • YAMAHA
  • Cisco
  • Aruba (HP)
  • Meraki (Cisco)

無線LAN(Wi-Fi)環境構築のポイント

機器 検討事項
無線AP
  • 無線の方式(IEEE 11a/11b/11g/11n/11ac)の選定
  • セキュリティ要件の検討(VLAN対応、コントローラー対応等)
L2SW
  • 無線APの設置場所によっては、PoE対応のL2SW等が必要
認証サーバー
  • セキュリティを高くするには認証サーバーが必要
  • 認証サーバーとの連携などを検討
コントローラー
  • 無線APの連携や一括した設定、セキュリティの確保を行うためには必要
ファイアウォール
  • 無線LANのセキュリティ確保のためには、既存のファイアウォールの見直しも検討
環境調査
  • ご利用場所での電波状況を測定し、必要台数などの構成を検討