1. TOP
  2. サービスから探す
  3. ネットワークインテグレーション&パッケージ
  4. 仮想化ソリューション

仮想化ソリューション

近年のサーバーは、1台あたりのスペックが向上し、CPUやメモリ、ディスク等のリソースを十分に使いきれず、無駄が生じることが多々あります。
仮想化技術を利用してサーバーやストレージを仮想化することで、複数のシステムでリソースを共有することができるようになり、無駄を最低限に抑えることができます。
QTnetの仮想化ソリューションは、さまざまな仮想環境の導入から運用までをトータルでご提供します。

こんなお悩みありませんか?

  • サーバーの台数が増えすぎて設置場所や電源容量が足りない
  • サーバーのストレージ容量が足りない、ディスクが故障してデータが消えた
  • ネットワーク機器のポートが足りない、よく故障して業務が停止する

仮想化ソリューションが解決します!!

お客さまに最適な仮想化基盤をご提供します。

機器の選定から、設計構築までお任せください。
オンプレミス型/クラウド型から最適な仮想化基盤をご提案します。
ディザスタリカバリまで含めた環境もご提供が可能です。

仮想化基盤に必要なネットワーク機器もトータルにご提供します。

全体的なネットワークも設計、構築します。

システムの移行も支援いたします。

既存のサーバーから仮想環境への移行もお任せください。

ご利用イメージ

イメージ図

オンプレミス型とクラウド型の比較

項目 オンプレミス型 クラウド型
費用 初期
費用
設備を購入する必要があるため高額 数千円〜数万円で安価
ランニング
費用
機器の保守費用が必要 毎月のサービス利用料が必要
運用 自社で運用 クラウドサービス事業者が運用
カスタマイズ性 自社の要件でカスタマイズが可能 クラウドサービス事業者の要件
セキュリティ 自社のセキュリティレベルに合わせることが可能 クラウドサービス事業者の要件
障害対応 自社のサービスレベルで対応が可能 クラウドサービス事業者の要件
適用範囲 自社で管理しているサーバーが比較的多い場合に有効 数台の汎用サーバーの移行や検証用サーバーとして利用するサーバー等の用途に有効
その他 近年はオンプレミス型とクラウド型を併用する「ハイブリッド型」のニーズが高まっています。
例えば、通常運用環境をオンプレミスで構築し、ディザスタリカバリ用としてクラウド型を活用するなどの「適材適所」の構成も可能です。

仮想化ソフトウェア(ハイパーバイザー)

機器 検討事項
VMware ESXi 導入実績が多く、さまざまな機能を有する
小規模〜大規模まで広範囲で利用が可能
Citrix XenServer 基本機能を無償で提供
高可用性を実現する「HAオプション」、物理環境からの移行をサポートするツールなどをセットにした有償ソフトウェアも提供
Microsoft Hyper-V Windows Server2008/2012に標準搭載
比較的安価に構築が可能で、小規模基盤の構築に向く