1. TOP
  2. 導入事例
  3. 株式会社BANDAI SPIRITS さま

株式会社BANDAI SPIRITS さま

担当者が語る!
BANDAI SPRRITSが提供するECサイト『プレミアムバンダイ』の
遠隔地バックアップの仕組みとは。

導入の背景

ビジネスを牽引する存在へと急成長した「ハイターゲット」向けのECサイト「プレミアムバンダイ」

BANDAI SPIRITSは、『ハイターゲット』と呼ばれる15歳以上のユーザー向けのキャラクター製品などの企画・開発・製造・販売を展開しているバンダイナムコのグループ企業です。

バンダイ公式のECサイト『プレミアムバンダイ』を重要な事業の一つとして運営しています。ECサイトは規模も売上も急拡大し、同社のビジネスを牽引する存在へと急成長しました。

そこで、自然災害などの万が一に備え、物理的に距離が離れた場所への本格的なデータバックアップが必要とされたのです。

遠隔地バックアップを目的に本州以外のデータセンターを検討

『プレミアムバンダイ』は、関東のデータセンターに設置されたオンプレミスのシステムで運用しており、これまでもデータを別ストレージにバックアップするなどの対策は実施していましたが、バックアップデータを遠隔地に保存する対策まで至っていませんでした。

万が一、地震等の自然災害で関東のデータセンターが被害を受けたとき、バックアップデータも被害を受けてしまいます。そこで、遠隔地、できれば本州以外を前提に、バックアップ用の新たなデータセンターを検討することにしました。

導入を決めた理由

地震・津波が少なく、アクセスの利便性で「福岡」のQTnetデータセンターを選択

BANDAI SPIRITSは、北海道や九州、沖縄、さらに海外も含めてデータセンターの検討を開始しました。最終的に選ばれたのが、九州 福岡に拠点を置くQTnetのデータセンターです。

福岡にあるQTnetデータセンターを選んだ理由。

  • 「地震や津波などの自然災害リスクが低いこと。」
  • 「首都圏から好アクセスであること。」
  • 「データセンターのファシリティ基準が “ティア4(相当)” である。」

データセンターそのものも検証し、特に重視したのが堅牢性とセキュリティです。

当初予算を抑え実現できたネットワーク回線

QTnetを選択する重要な決め手となったもう1つの理由がコストです。遠隔地に災害対策用のデータセンターを検討する際は、データセンター間を結ぶ回線が必要になります。そのコストが圧倒的に安価で提供できるものでした。

今回、QTnetデータセンターと東京のアクセスポイントを20Gbps(10Gbps×2)で結ぶ「QT PRO ロケーションフリーサービス(QLFサービス)」を提供しています。

このサービスを活用することで、トータルコストの当初予算を抑えることができたのです。

異キャリア・異ルート

QT PRO Location Free(QLFサービス)とは、当社データセンターをご利用のお客さまを対象とした、Qtnetデータセンターと東京のアクセスポイント間を結ぶ、高速・大容量の拠点間ネットワークサービスです。さらに、大手パブリッククラウドとダイレクト接続が可能です。しかも、ご提案からアクセスポイントの構築・運用まですべてワンストップでご提供します。

導入後の評価

毎日、600GB超のデータを福岡に転送できるバックアップ環境を構築。

こうして、2019年3月末のQTnet導入決定から、約4か月後の2019年8月、新しいバックアップの本格運用がスタートしました。現在は、毎日、関東のデータセンターで約600GBのバックアップデータを作成し、約6時間かけて福岡に転送しています。すべてのデータを転送すると膨大な量になるため、毎日バックアップするのは、本当に必要なデータだけに絞っています。

稼働開始から毎日、600GBを超えるデータが転送されていますが、“全くトラブルもなく、スムーズに運用できている”と、その信頼性・堅牢性を高く評価しています。

関東のデータセンターの移設にも貢献し、アクセス分散やBCP用としての活躍にも期待

データのバックアップを目的に選択されたQTnetのデータセンターですが、アクセス分散やBCP用としても期待が高まりました。というのは、老朽化のため移設することが決まった関東のデータセンターの機能の一部を、QTnetのデータセンターで代替できたからです。移設中は画像サーバが止まってしまうため、QTnetが提供しているクラウド用のサーバで代替することになり、約1か月で必要なシステムを構築することができました。

新たなチャレンジを支えるインフラとして活躍

BANDAI SPIRITSは、国内はもちろん海外でも、さらなる成長を目指しています。これまではアジアに注力してきましたが、2020年以降は米国展開を加速させる計画です。

今後は5Gによる高速・大容量のリアルタイム通信が可能となり、5Gが普及すればECサイトも劇的に変わるため、国内メーカーのECサイトとしてはじめてのことに挑戦していきたいと意気込みを述べられました。

こうした新しいチャレンジを支える重要なインフラとして、QTnetのデータセンターは、バックアップを超えた新たな活躍が期待されています。

※ 本事例は、2019年●月時点における情報です。

Point

  1. メインサイトと同時被災を防ぐ遠隔地バックアップサイト構築を実現
  2. 地震・津波が少なく、アクセスの利便性が良い「福岡」のデータセンターを選択
  3. 東京と福岡を結ぶアクセス回線が当初予算の6割で実現

導入サービス

株式会社BANDAI SPIRITS さま

事業内容
ハイターゲット向け玩具、プラモデル、景品、雑貨などの企画・開発・製造・販売
所在地
[本社]東京都港区芝五丁目29-11 G-BASE田町
資本金
1憶円
従業員数
597名(2020年4月時点)