1. TOP
  2. QT PRO 公式blog
  3. with コロナ時代に繋がる!広がる!今こそ知っておくべきeスポーツの可能性

QT PRO 公式blog

with コロナ時代に繋がる!広がる!
今こそ知っておくべきeスポーツの可能性

2020年7月10日

活況に沸くオンライン・エンタメに迫る
無人島への移住者が続出!?

任天堂のゲームソフト「あつ森」こと「あつまれ どうぶつの森」の快進撃が止まらない。「あつ森」はアバターを操り、無人島に移住して自分好みの暮らしを整えていくゲームで、通信機能を使えばプレイヤー同士で一緒にプレーすることもできる。 有名人がバーチャル花見やファンと交流する様子をSNSにアップして話題になるなど、外出自粛で行動が制限される中、絶大な人気を集めて累計販売本数は発売2ヶ月で「ニンテンドースイッチ」史上初の500万本を突破(ファミ通.com【ソフト&ハード週間販売数】『あつ森』がついに累計販売500万本! 『マリオカート8 DX』も300万本突破【6/22~6/28】より)。人との距離を保つ生活が求められ、オンラインで「繋がる」ゲームの楽しみ方が広く認知された2020年。オンラインの対戦型ゲームで技能を競うeスポーツの世界にも、また新たな風が吹いているという。

あの現役選手もeスポーツに参戦!

東京五輪・パラリンピックをはじめ世界中でスポーツイベントの中止・延期が相次いでいる。その状況下で大きな注目を集めているのが、eスポーツだ。eスポーツは遠隔で対戦でき、大会のオンライン開催も可能。そのためリアルスポーツに代わるエンタメや慈善イベントとして、バスケやテニス、サッカーなど様々なジャンルで現役トップアスリートが出場するeスポーツのドリームマッチが実現している。

八村塁、大阪なおみ、錦織圭、岡崎慎司など日本を代表する一流選手も続々参戦し、競技スポーツのゲーム版で熱戦を繰り広げ、多くの視聴者を釘づけに。スポーツとeスポーツどちらのファンも取り込んで、双方のファン拡大の機会を大いに盛り上げた。

eスポーツが社内親睦や教育の一環に

eスポーツで社内結束!?

テレワークやオンライン会議を推進する企業が増え、顔を合わせてコミュニケーションを図る機会が減った職場も多いはず。そんな中、社員同士の親睦を深める活動の一環としてeスポーツを取り入れる企業が急増中。社内イベントとして大会を開催したり、「eスポーツ部」を発足させて大会に出場したり。企業対抗戦も盛り上がりをみせており、フィジカルスポーツのチーム活動と比べて運用費用が抑えられることから、eスポーツを導入する企業は今後ますます増えていくとみられている。

全国大会が文部科学省の後援事業に!

将来なりたい職業[複数回答形式(3つまで)]

ソニー生命調べ

そもそもeスポーツのコアなファンは若年層に多く、ソニー生命の中高生を対象とした意識調査では、男子中学生が将来なりたい職業の第2位に「プロeスポーツプレイヤー」がランクイン。部活動やクラブ活動でeスポーツを導入する学校は急速に増えており、専用機材の無償レンタルなどを通じて「eスポーツ部」発足を支援する企業の取り組みも広がっている。高校生が全国制覇を目指して戦う大規模な全国大会や選手権は、さながらeスポーツの甲子園といった盛り上がりを見せ、ある大会は文部科学省の後援事業として認定を受けた。その教育的価値にスポットライトが当たり、eスポーツは今後さらに新たな文化として深く、広く日本に根付いていくだろう。

今日からできる!eスポーツに必要な3種の神器

企業や学校でeスポーツの導入が急速に進んだ理由のひとつに“取り入れやすさ”がある。では実際にeスポーツを始めるにあたって何が必要か。
その3種のデバイスをご紹介しよう。

快適なゲームプレー環境を整えたいとお考えなら、QTnetの光インターネット「BBIQ」の検討をしてみては?

eスポーツ人気の波に乗るなら今!

Sengoku Gamingとは?

「九州から、世界へ」をスローガンに掲げるSengoku Gamingは、福岡に本拠地をおくプロeスポーツチーム。日本屈指の強豪チームとして知られ、5月に行われた「リーグ・オブ・レジェンド」の日本王者を決める「LJL 2020 Spring Split Finals」では初のファイナル進出を果たし、準優勝という過去最高の成績をおさめた。その際の最高同時視聴者数は、前年比176%と大幅にアップ。ESPORTS CHARTSデータより算出)。人気・注目度ともに急上昇している現状が数字からも見てとれるだろう。

多くの企業がeスポーツ協賛に乗り出す理由

そもそも日本におけるeスポーツ市場規模は急速に拡大しており、2023年には現在の倍以上となる150億円超にまで拡大する見込みだ(株式会社KADOKAWA Game Linkage ※2020年2月時点での予測)。海外では数十億円の賞金をかけた大会も相次ぎ、eスポーツに熱狂するメイン層の10〜20代にアピールすべくスポンサー企業が急増。国内でも多くの企業が将来性を見越してeスポーツ参入に乗り出している。
Sengoku GamingもQTnetをはじめ、幅広い業種の企業とスポンサー契約を締結。それぞれの強みを活かしたバックアップを受けながら、地元の人たちに愛され、世界で活躍するチームをめざして日々全力で邁進している。
そのSengoku Gamingがサポーター制度を新設。共に戦い、eスポーツ市場を盛り上げてくれる仲間を募集している。4つの特典を活用して、発信力の高いチームと共にeスポーツ人気のビッグウェーブに乗るなら今!気になる方は、ぜひお気軽にお問合せを。

本文中で紹介しているwebサイト名・コンテンツ名(以下各サイト)などは、一般に各社の商標または登録商標であり、注記がない場合でも十分尊重しています。
各サイトの停止・更新の遅延・終了により生じた損害など、本サイトを通じて取得した情報の利用に起因して利用者に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。